学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

馬の色覚で新研究、オレンジを緑と認識 英大学|CNN.co.jp


人間と動物の色覚が異なることは知られています。
たとえば、以下のリンクした記事の写真が示すように、
猫と人間、ハチと人間、鳥と人間、
ガラガラヘビと人間、コウイカと人間では
見え方が大きく違っています。

今回ご紹介する研究は、馬の色覚についてを
研究したものです。

競馬の一種である障害競走の競技場では、
騎手が視認しやすくすることを目的に、
コースに設置される横木並びと
飛び越えるための踏切板に
オレンジ色に塗られているのだそうです。

英エクセター大学の研究グループは、
障害物の色を白や黄色に変えて実験を行ったそう。

馬にはどのように見えているでしょうか。
また、白や黄色に変えたときの変化は?
なぜ、馬は人間と見え方が違っているのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


馬は人間と異なる色覚を持ち、オレンジ色が緑色に見えている――英国の大学がこのほど、そうした研究結果を明らかにした。馬の安全確保という観点から、競馬場の設備の塗装などを再考する動きにつながる可能性もある。 – (1/2)

情報源: 馬の色覚で新研究、オレンジを緑と認識 英大学