Home > ITスキル > 【Word】図 Part.1:図の貼り方

【Word】図 Part.1:図の貼り方

ITスキルWord編

すずき
さぁ、今回からいよいよWordの図の説明がスタートするね。まずは、何の説明から始めるのかな?(わくわく)
こやま
なぜわくわくしているんですか!まず初めに、基本中の基本、Wordに図を貼る方法を説明します。
すずき
図を貼るといっても、いろいろな貼り方があるよね。しかも、貼り方によって、Wordが重くなるか軽くなるかが変わってくる。
こやま
そう!ということで、今回は図の貼り方を丁寧に解説していきます!

今回から取り上げるのは「図」です。
「レイアウトがどうもうまくいかない。」「グラフを貼る時の形式は何がいいの? 」
などなど頭を悩ませている人、多いのではないのでしょうか 。

複数回にわけて、 わかりやすく説明していきたいと思います 。

Part.1では、「図の貼り方」に焦点を当てます。
また、重い画像をWord上で軽くする圧縮の仕方についても 取り上げます 。
今回も、Word2010を使って説明します 。

 

 

図の貼り方

 

文章の中に図を貼るには、大きく2つの方法があります。

(A)メニューの「図」から挿入する(ファイルの読み込み)
(B)オブジェクトをコピー&ペーストする

基本的に、卒論やレポートなどの長い文書内に
画像ファイルを挿入したい場合は、
(A)のメニューの「図」から挿入する
方法がよいと思います 。
この方法だと、Wordが自動的に図の大きさを調整してくれる(220ppi)ので、
Wordファイルが重くなりにくいためです。

●参照:図のファイル サイズを縮小する(マイクロソフトサポートページ)
https://support.office.com/ja-JP/article/図のファイル サイズを縮小する

Excelで作成したグラフなどをWordに貼りこむ場合は、
(B) オブジェクトをコピー&ペーストする
方法をとります 。

それでは、それぞれについて説明していきます。

 

(A) メニューの「図」から挿入する

 

(1)図を入れたいところにカーソルを置き、メニュータブ[挿入]から[図]をクリック。

メニュータブ挿入から図をクリック

(2)[図の挿入]画面で、入れたい画像ファイルを選択します。

(3) 挿入方法は3通りあります 。

図の挿入方法は3通り

・ [挿入]
挿入ボタンをクリックすると、画像ファイルがその まま入ります。
画像ファイルの分だけWord 文書のファイル容量は増えます。
Wordの自動調整により、
印刷に最適な品質としての220ppiで圧縮され、
大抵の場合は元のファイルよりも小さくなります 。
また、Wordに画像は取り込まれているので、
元の画像ファイルとは完全に独立 しています。

・[ファイルにリンク]
挿入ボタンの横の▼をクリックすると、[ファイルにリンク]があります。
画像のリンク情報のみ保持するため、
文書のファイル容量は増えません。
元画像に編集を加えると、それが
Word内の画像にも反映されます。
元画像を削除、移動すると画像のリンクが切れて、
画像を表示できなくなります。

文書を移動 (メール等で送る場合も) するときは、
文書作成時から、同一フォルダ内で文書ファイルと画像を
入れて作業していないと、移動先でリンクが切れる可能性があります。
また、必ず画像もいっしょに添付 しなければなりません 。

・[挿入とリンク]
上の2つを兼ね備えています。
画像も文書内に入るので、ファイル容量は増えます。
リンク情報を持っているので、更新すると
画像を最新の状態にできます。
文書移動については、画像を変更しないのであれば 、
元画像を一緒に添付する必要はありません。

それぞれの目的に合わせて3通りから選んで挿入を実行してください。
これで、文書内に図が入りました。

 

(B)オブジェクトをコピー&ペーストする

 

Word文書にExcelで作ったグラフや
PowerPointで作った図などを貼りこむ方法です。

貼りこんでから大きさを変更するのでは、
ファイル容量が無駄に増えてしまうので、
あらかじめ適したサイズに変更してから
コピー&ペーストすることをお勧めします。

(1)まず、対象のオブジェクトをコピーします。

(2)Word文書の図を入れたい場所にカーソルを置きます。

(3) [ホーム] タブの [クリップボード] エリアにある
[貼り付け] ボタンをクリック。
[貼り付けオプション] で [形式を選択して貼り付け] を選択してください。

形式を選択して貼り付けをクリック

(4)貼り付けの形式には色々あります。
それぞれの説明については、マイクロソフトのサポートページに
リストが掲載されているので、以下を参照してください 。

●参照:形式を選択して貼り付け
https://support.office.com/ja-jp/article/形式を選択して貼り付け

拡大、縮小しても美しく、ファイルサイズもそれほど
大きくならないのは「拡張メタファイル(EMF)」だと思います。

また、Excelのグラフを貼る場合などは、
「Microsoft Excelグラフオブジェクト」など、
Excelとして編集可能なように貼ることもできます。

それについては、今後説明予定です 。

文書ファイルの用途に合わせて貼る形式を選んでください。

 

図の圧縮

 

文書のファイル容量が重くなりすぎたときに、
Word上で画像を圧縮することにより
ファイル容量を下げることができます。

ただし、図は圧縮すると劣化することがあります。
一度圧縮すると解像度を元に戻すことはできませんので、
この動作 を 行う前にこのファイルを別の名前で
保存しておくことをお勧めします。

(1)圧縮対象の画像を選択。

(2)メニュー[図ツール]の[調整]エリアにある[図の圧縮]をクリック。

調整エリアにある図の圧縮をクリック

(3) [図の圧縮]ダイアログボックスで、圧縮オプションや
解像度を選択して[OK]ボタンをクリックします。
電子メール用にすると一番ファイルサイズが小さくなります。

圧縮オプションや 解像度を選択してOKボタンをクリック

トリミングしている画像は見た目ではわからないのですが、
実はトリミングした際に切り取った不要部分も
保持したままの状態なので、「圧縮オプション」の
[図のトリミング部分を削除する]にチェックを入れておくと、
その分のファイルサイズが軽くなります 。

また、ファイル内のすべての画像に圧縮を適用する場合は、
「圧縮オプション」の[この画像だけに適用する]のチェックを外してから
[OK]ボタンをクリックするとすべての画像が
指定した解像度に圧縮されます。

 

こやま
いかがでしたか。次回は図のレイアウトとアンカーの使い方を取り上げます。どうぞお楽しみに。

 


error: