Home > NEWS > ワサビの来た道 葉緑体ゲノム解読でわかった進化の道筋 | 日本の研究.com

ワサビの来た道 葉緑体ゲノム解読でわかった進化の道筋 | 日本の研究.com


和食に欠かせない香辛料「ワサビ」。
鼻にツーンと抜ける爽やかな辛味は独特で、
海外でも人気があります。

この日本ならではの「ワサビ」ですが、
日本人が薬味として利用してきた栽培ワサビは、
野生のワサビを栽培化したものだそうです。
この野生のワサビはどのようなツールを
持っているのでしょうか?

岐阜大学、明治大学農学部、
静岡県農林技術研究所伊豆農業研究センター
わさび生産技術科などの研究グループは、
日本のワサビ属植物のルーツを調べるため
葉緑体全ゲノム解読を実施しました。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】ワサビの来た道 葉緑体ゲノム解読でわかった進化の道筋 | 日本の研究.com

 


error: