Home > NEWS > 親の生活習慣がわるいと親の食育への関心が低く、栄養バランスを考えず、子の孤食も多い 富山大学 | 日本の研究.com

親の生活習慣がわるいと親の食育への関心が低く、栄養バランスを考えず、子の孤食も多い 富山大学 | 日本の研究.com


家庭の経済状況や、親の生活習慣は
子どもにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

富山大学地域連携推進機構地域医療保健支援部門は、
高岡市内の5 つの小学校に通う 1年生から6年生までの
全児童 2129 名を対象として、平成28年1月に
・家庭の社会経済環境
・親子の生活習慣
などに関するアンケート調査を実施したそうです。
(有効回答数は 1632 名)

今回の調査では、生活習慣を判断するために
Breslow の 7 つの生活習慣を基準にしています。

ブレスローの7つの健康習慣を実践してみませんか|e-ヘルスネット(情報提供)|厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-002.html

この基準で判断した親の生活習慣は
子どもにどのような影響を及ぼしているのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】親の生活習慣がわるいと親の食育への関心が低く、栄養バランスを考えず、子の孤食も多いー文部科学省スーパー食育スクール事業の結果よりー | 日本の研究.com

 


error: