【クラウドサービス】 Amazon Drive


クラウドサービスとして、
初回にDropbox、2回目にGoogle Drive
について投稿しました。

今回は、AmazonのPrime(プライム)会員
(以降、プライム会員)が利用できる、
Amazon Driveについて説明します 。

Amazon Drive
https://www.amazon.co.jp/clouddrive/home

ちなみに、学生向けのサービスである、
Amazon Studentであれば、
年会費1,900円で今回説明するサービスを含む、
プライム会員の特典も利用できるので、よりお得感がありますね。

Amazon Studentについて
https://www.amazon.co.jp/gp/student/signup/info

 

 

Amazon Driveには、
・Unlimitedストレージ(有料)
・プライム・フォト(プライム会員が利用できる)
の二種類のサービスがあります。

Unlimitedストレージは、
年間13,800円で容量無制限に利用できるクラウドサービスです。
今回はこちらではなく、
Amazonプライム会員が無料で使える
プライム・フォトについて説明します。

 

無料で使える容量について

 

プライム会員の場合、
容量無制限の写真用ストレージ「プライム・フォト」が使えます。
これに加えて、写真以外のファイルの保存先として使用できるような
5GBの無料ストレージも使用できます。
つまり、写真や動画は無制限に保存が可能。
さらに、その他に保存できるストレージが5GBあるということです。
5GBは結構使える容量と言えるでしょう 。

ちなみに、他のクラウド サービス の無料版の初期容量は、
Dropboxが2GB、Google Driveが15GBとなっています。

 

クラウドストレージへのアクセス方法

 

Amazon Driveにアクセスするには3つの方法があります。

(1)ウェブサイトからアクセス
 以下のURLから、Amazonのプライム会員のアカウントでログインすることで利用できます。
https://www.amazon.co.jp/clouddrive

(2) iOS デバイスまたは Android デバイスから、専用のアプリでアクセス
iPhoneやAndroid デバイスで撮影した画像をアップロードするときに使用します。
アップロードしてあるファイルを閲覧することもできます。

(3)デスクトップアプリからアクセス
デスクトップアプリでは、コンピューターからAmazon Driveにファイルを同期できます。
Amazon Drive用に設定されたフォルダーに投入するだけで、
複数のフォルダーや大容量のファイルをアップロードできます。
また、アップロード中のステータスをアプリ内で確認することができます。

実際に使ってみて、個人的にはファイル全体の管理を行う場合は、
(1) ウェブサイトからアクセス
という方法が使いやすいと思います。

先ほど説明した、
(1) ウェブサイトからアクセス
のURL (https://www.amazon.co.jp/clouddrive )を開き、
Amazon会員登録しているメールアドレスとパスワードでログインします。
そうすると、画面の左上にはこのようなメニューが並んでいます。

Amazon Drive左上のメニュー部分

簡単にメニューの説明をします。

●私のAmazon Drive
利用状況を確認できる画面です。
[最近の写真とビデオ]には、
直近にアップロードした写真やビデオが画像で表示され、
[最近のファイル]では、
直近にアップロードした写真やビデオ以外のファイルがリストされて表示されます。
そこに並ぶファイル名をマウスオーバーすると、フォルダー内で開いたり、共有したりといった操作を行うことができます。
また、この画面の右上では、以下のようなストレージの利用状況を確認することができます。

画面の右上にストレージ管理表示がある

●すべてのファイル
保存しているファイルやフォルダーを、Windowsのエクスプローラーのように見たり、取り扱ったりすることができます。
(移動、削除、共有、ダウンロード、名前の変更、新しいフォルダーの作成)

●写真&ビデオ
アップロードした写真やビデオを月別に表示したり、アルバムを作成したり、共有したりといった作業ができます。

Amazon Driveは、DropboxやGoogleDriveのような無料会員プランのようなものはありません。
プライム会員には無料で使えるプライム・フォトやクラウドストレージがありますが、それ以外は年額13,800円のプランしか選択肢がないという点では、全ての方にお勧めできるクラウドサービスとは言えません。
ただ、プライム会員ならば、容量無制限のフォトや動画の保存や管理はもちろん、5GBのストレージはかなり使えると思います。

 

すずき
最近は大学のゼミ活動などでも、活動の記録をモバイルで撮影したり、ディスカッションの結果を撮影して記録したりという場面が結構ある。
こやま
どんどん撮影していると、あっという間に画像でいっぱいになってしまって、モバイルの空き容量がなくなっていくよね。
すずき
そんな時には、今回ご紹介したAmazon Driveのプライム・フォトやGoogle Driveに保存してモバイルからは削除。こうすれば、空き容量を気にしなくても大丈夫かも。(そして、万が一の故障のときにも助かるかも!)