Home > NEWS > 入れ歯の手入れを毎日しないと 過去1年間の肺炎のリスクが1.3倍高かった 東北大学 | 日本の研究.com

入れ歯の手入れを毎日しないと 過去1年間の肺炎のリスクが1.3倍高かった 東北大学 | 日本の研究.com


災害が多い日本において、被災した高齢者や
体が弱っている人が肺炎に罹患するケースが多く、
以前から口腔ケアの重要性が叫ばれています。

覚えてください、防災にオーラルケア|サンスター
https://jp.sunstar.com/bousai/top.html

災害時のみならず、日常生活においても
口腔ケアは健康維持に重要な役割を担っています。
今回ご紹介するのは、地域在住高齢者を対象とした
義歯の清掃頻度と過去1年間の肺炎発症との
関連を調査した研究です。

東北大学の研究グループは、65歳以上の
地域在住高齢者約7万人を対象に、
義歯の清掃頻度と過去1年間の肺炎発症の有無を調査。
義歯を毎日清掃する人としない人で
肺炎発症のリスクが異なるかを評価したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】入れ歯の手入れを毎日しないと 過去1年間の肺炎のリスクが1.3倍高かった 〜世界で初めての一般高齢者における研究〜 | 日本の研究.com

 


error: