Home > NEWS > 皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化|奈良先端科学技術大学院大学

皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化|奈良先端科学技術大学院大学


病院などで採血するときに、血管が見つからず、
何度か針を差し替えられた経験がある方も
いらっしゃるかもしれません。

人によって、腕など皮下にある血管が見えづらい場合が
ありますが、非接触・リアルタイムで鮮明に見える技術に
関する研究をご紹介します。

奈良先端科学技術大学院大学、
米国・カーネギーメロン大学、
アリゾナ州立大学の研究グループは、
レーザー照射とカメラ撮影を使った技術で
肌の内部にある血管があたかも影のように写せる
方法を開発しました。

具体的な方法や、実際に血管がどのように
浮かび上がっているのかがわかる写真などの詳細は
リンク記事でご確認ください。


NEWS & TOPICS「〔プレスリリース〕皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化 レーザー照射とカメラ撮影の僅かなギャップで散乱光をキャッチ ~注射・採血、診断などの医療応用に期待~」を紹介しているページ

情報源: 〔プレスリリース〕皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化 レーザー照射とカメラ撮影の僅かなギャップで散乱光をキャッチ ~注射・採血、診断などの医療応用に期待~|奈良先端科学技術大学院大学


error: