Home > NEWS > マグロの熟成は48時間 東京大学とくら寿司が「おいしさ」を共同研究 | 大学ジャーナルオンライン

マグロの熟成は48時間 東京大学とくら寿司が「おいしさ」を共同研究 | 大学ジャーナルオンライン


寿司は日本人だけでなく、海外の旅行者からも
人気が高く、観光地のある寿司店の前は
常に行列が出来ています。

最近は、いわゆる回転寿司系の店舗も人気が高く、
その競争も激化しています。
今回はそのうちの一つであるくら寿司が
大学と行っている共同研究をご紹介します。

東京大学大学院とくら寿司株式会社は、
2019年7月より、科学的なアプローチで数値化された
データを基にさらなる美味しさや健康を追求していく
共同研究を開始。

共同研究の第一弾は、くら寿司で
年間約7,000万皿を販売するナンバーワン商品
「熟成まぐろ」の最適な熟成時間。

管理させた状態で、まぐろの赤身の部分を
0時間(熟成していない状態)から
24時間、36時間、48時間、72時間、120時間
熟成させる実験でわかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 東京大学大学院 農学生命科学研究科「健康栄養機能学」社会連携講座とくら寿司株式会社は、2019年7月より、科学的なアプローチで数値化されたデータを基にさらなる美味しさや健康を追求していく共同研究を開始した。 くら寿司では、創業当時から「安心・美味しい・安い」をコンセプトに、店舗で取り扱う200種類以上のすべての食材において、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料の四大添加物を使用せず、食

情報源: マグロの熟成は48時間 東京大学とくら寿司が「おいしさ」を共同研究 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: