学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している|Newsweek日本版


米国、中国、ドイツのZ世代(22歳未満)では
10代の若者のパソコンに接する時間が
ミレニアル世代(23歳~28歳)に比べて
有意に増加しているのだそうです。

2019年になぜ「スマホからPCへの回帰」が現れ始めたのか
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1912/30/news011.html

しかし、日本ではスマートフォンを利用する若者が多く、
音声入力やフリック入力のほうが早いため、
パソコンのキーボード操作が苦手という話も耳にするほどです。

今回ご紹介する記事は、経済協力開発機構(OECD)の
国際学力調査「PISA2018」の結果から
世界で唯一パソコンの使用率が減少しているという
日本で起こっていることを分析した記事です。

前述の記事や、以下にリンクされた記事から
パソコンを使わない理由が浮かび上がってきます。
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している