Home > NEWS > 最速で飛行機の搭乗を行う方法を物理学者が調べたら直観に反した結果に|GIGAZINE

最速で飛行機の搭乗を行う方法を物理学者が調べたら直観に反した結果に|GIGAZINE


飛行機に乗るとき、できるだけ早く搭乗予定の人に
着席してもらいたいため、優先搭乗のような形で
搭乗にサポートが必要な人を早めに搭乗してもらったり、
奥の方の座席の人から順番に搭乗してもらったりと
さまざまな工夫をして搭乗完了までの時間を
できるだけ短くしようとしています。

どのように搭乗させることが早い着席につながるかは
これまでにもさまざまな研究者のテーマとなっていますが、
今回ご紹介するのは、天文物理学者が行っている
研究結果の記事です。

天体物理学者であるジェイソン・ステファン氏が
2011年にコンピューターシミュレーションした結果と
2019年にアインシュタインの一般相対性理論の
ローレンツ幾何学を使用して搭乗プロセスを
モデリングした結果が掲載されています。

どのように搭乗させると、早く搭乗を完了できるでしょうか?
また、前回の研究との違いとは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


飛行機に搭乗する際には、ファーストクラスの人や子ども、高齢者が優先的に搭乗するようになっていますが、どのような順序で搭乗を行えば最も効率的なのか?という問題は、いまだ解決していないところ。そんななか、物理学者が「搭乗に時間がかかる人」と「搭乗を速く行える人」のどちらを先に搭乗させるべきかをシミュレーションしたところ、直観に反して「搭乗に時間がかかる人を先に乗せた方が搭乗完了までにかかる時間は短い」ということが示されました。

情報源: 最速で飛行機の搭乗を行う方法を物理学者が調べたら直観に反した結果に


error: