Home > NEWS > 最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証|大学ジャーナルオンライン

最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証|大学ジャーナルオンライン


「ゾーン30」は、生活道路における歩行者や
自転車の安全な通行を確保することを目的とした
交通安全対策の一つです。
最高速度30キロ以下の区域規制の場所を指しています。

ゾーン30とは?|警視庁
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/doro/zone30/about_zone30.html

筑波大学の研究グループは、
全国の生活道路で指定が進んでいる「ゾーン30」が、
どのような効果をもたらしているのかを調べるため、
交通事故総合分析センターから
2005年1月~2016年12月の死亡を含む
全国の交通事故外傷データをもとに、
ゾーン30が導入された2011年9月以降、
データにどのような変化があったかを調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
筑波大学医学医療系の市川政雄教授らの研究グループが全国の生活道路で指定が進んでいる「ゾーン30」( […]

情報源: 最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証 – 大学ジャーナルオンライン


error: