学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

毎日お風呂に入ると心臓発作や脳卒中のリスクが著しく低下するという研究結果|GIGAZINE


浴槽にお湯をためて入浴し、1日の疲れを癒している
という方も多いかもしれません。
今回は、入浴に関する研究をご紹介します。

大阪大学や大阪健康安全基盤研究所などの
合同研究チームは、秋田・岩手・長野の5都道府県から
49歳から59歳までの被験者3万76人を、
1990年から2009年までの約19年間にわたって
追跡調査したそうです。ちなみに、この「入浴頻度」には、
シャワーを浴びることは含まれていないそうです。

各被験者を、聞き取り調査によって得られた
「入浴頻度」によって分類。
1週間のうち入浴する回数が、
「0~2日」「3~4回」「5~7日」の3段階で
被験者を区分し、各カテゴリーに属する
被験者の調査期間中の「生存率」を調査。

調査の結果からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

忙しい日には時間が取れず、「お風呂に入らずにシャワーだけで済ませる」という人も多いはず。これに対して、大阪健康安全基盤研究所や大阪大学などの合同研究チームは、「1日1回お風呂に入ると、心血管疾患のリスクが著しく低下する」という研究結果を発表しています。

情報源: 毎日お風呂に入ると心臓発作や脳卒中のリスクが著しく低下するという研究結果