海底地下の岩石から、腸内に匹敵する微生物の密集を発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン


地球表面で最も一般的に見られる玄武岩。
海洋底の大部分を占める岩石でもあります。

玄武岩|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/玄武岩

しかし、水深の深い海洋地殻については、
試料の採取が難しい場所でもあります。

東京大学大学院理学系研究科の研究グループは、
統合国際深海掘削計画(IODP)
第329次研究航海にて、南太平洋環流域の
海底を掘削。

その際に、3350万年前と1億400万年前に形成された
海洋地殻上部の玄武岩コア試料の採取に成功したそうです。

その採取した地殻上部の試料を分析して
わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
東京大学大学院理学系研究科の鈴木庸平准教授の研究グループは、海洋地殻上部を構成する玄武岩の亀裂を埋める粘土鉱物に、極めて高い密度(例えると人間の腸内と同等)で微生物が生息していることを発見した。また、これらの微生物は、有機物をエネルギー源とする従属栄養生物であると判明した。 海底地下の岩石から、腸内に匹敵する微生物の密集を発見 東京大学

情報源: 海底地下の岩石から、腸内に匹敵する微生物の密集を発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン