Home > NEWS > 温室効果ガス排出の削減を急げ ~50年後、全人類の3分の1が灼熱の地域に住むことになるかもしれない~ | 日本の研究.com

温室効果ガス排出の削減を急げ ~50年後、全人類の3分の1が灼熱の地域に住むことになるかもしれない~ | 日本の研究.com


かつてに大気中の二酸化炭素を吸収していた
森林の減少もあり、大気中の二酸化炭素は
年々増加しています。
人類が排出する温室効果ガスによる気温の上昇は、
今、この時も止まるところを知らないといった状況です。

温室効果ガスの種類|地球温暖化|知識・解説|気象庁
https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/chishiki_ondanka/p04.html

ワーニンゲン大学や南京大学、オーフス大学などの
中国・米国・欧州の研究者からなる研究チームは、
温室効果ガスを排出し続けた場合の急激な気温上昇を、
全球的な人口変動予測と組み合わせる
シミュレーションを実施。

排出量が増え続けるシナリオに基づくと、2070年までに
多くの人が経験する気温の上昇幅は7.5度。
この急激な気温上昇を、全球的な人口変動予測と
組み合わせた結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】温室効果ガス排出の削減を急げ ~50年後、全人類の3分の1が灼熱の地域に住むことになるかもしれない~ | 日本の研究.com


error: