Home > NEWS > コンピュータすら能力を向上させる「アリの集合知」がすごい | ナゾロジー

コンピュータすら能力を向上させる「アリの集合知」がすごい | ナゾロジー


小さいアリにとっては、植物の葉や食べ物のこぼしかすも
自分の体より大きなものとなるので、
さながら「リアル迷路」の中を走り回りながら
巣との往復を繰り返しているような状態です。

では、アリたちはどのように効率的に迷路の正解ルートを
見つけだしているのでしょうか?

イスラエルのワイツマン科学研究所の研究チームは、
均等な大きさの立方体をランダムにばらまくことで、
自然の環境を模した石だらけの迷路を作成。
次に、ターゲットであるロングホーン・クレイジーアリに
食料を持たせて、迷路を通って巣まで運ぶように
セッティングして実験を行ったそうです。

実験の結果、アリが集合知を働かせることによって、
食料を効率的に運搬できることを発見。
その方法とは?
また、研究チームが、アリのパフォーマンスと
プログラムされた運動モデルを比較した結果とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: コンピュータすら能力を向上させる「アリの集合知」がすごい | ナゾロジー

 


error: