Home > NEWS > 世界最小の恐竜卵化石を発見! ~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~ | 日本の研究.com

世界最小の恐竜卵化石を発見! ~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~ | 日本の研究.com


兵庫県丹波市山南町上滝地域には、
前期白亜紀の地層である篠山層群が広がっていて、
「丹波竜」の愛称で知られるタンバティタニスの発見や
様々な脊椎動物化石の発見が続いている場所があります。

丹羽竜.com|丹羽市恐竜課
https://www.tambaryu.com/about/index.html

筑波大学とカナダ・カルガリー大学、
カナダ・王立ティレル古生物博物館、
兵庫県立人と自然の博物館などの
国際研究チームは、兵庫県丹波市において
2019年1~3月の大規模発掘調査等により、
これまでに恐竜化石が見つかっていた地層よりも
上位の層準から、形状を留めた卵化石(4点)や
卵殻片の化石(約1300点)を収集。

これらの化石を分析調査した結果、
世界で最も卵殻化石の種類が豊富な地域で
あることが判明したそうです。
詳しくはリンク記事でご確認ください。

情報源: 【プレスリリース】世界最小の恐竜卵化石を発見! ~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~ | 日本の研究.com


error: