脳活動をfMRIによって測定する従来の方法に問題があるとの指摘|GIGAZINE


MRIを使用して人間の脳などの活動を
血液の流れから視覚化する「fMRI」。
最近では、思考や感情の脳活動を測定する目的で
「fMRI」を研究に採用しているケースも増えています。

fMRI|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/FMRI

デューク大学の心理学・神経科学教授である
アハマド・ハリリ氏は、fMRIによる脳活動の測定値には
疑わしい点があることを指摘。
fMRIによる測定データを使用している
56の論文中にある90の実験について信頼性の有無を
検証したそうです。

どのような研究の問題点が指摘されているのでしょうか?
また、その改善方法とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

MRIを使用して人間の脳などの活動を血液の流れから視覚化する「fMRI」は数多くの研究で用いられ、人間の思考や感情の脳活動を測定することが可能だとされていました。しかし、デューク大学の心理学・神経科学教授であるアハマド・ハリリ氏による分析では、fMRIによる脳活動の測定値には疑わしい点があることが指摘されています。

情報源: 脳活動をfMRIによって測定する従来の方法に問題があるとの指摘