Home > NEWS > ワーキングメモリが多いカップルは「ケンカしても破局しにくい」との研究結果|GIGAZINE

ワーキングメモリが多いカップルは「ケンカしても破局しにくい」との研究結果|GIGAZINE


恋人同士や夫婦であっても、何かしらの
意見の相違はあるものです。
大抵の場合は話し合いなどを行って
乗り越えられますが、残念ながら
乗り越えられない場合もあります。

カップルが意見の相違といった共通の課題を
乗り越えられるかどうかと、脳のワーキングメモリの
関係を探ることを目的として、
ノースカロライナ大学グリーンズボロー校の
研究グループが、カップル101組を対象として、
実験を行いました。

実験に参加したのは結婚から3カ月未満のカップルで、
異性愛者93組、レズビアン7組、ゲイ1組。

カップルそれぞれがワーキングメモリを測定するテスト
や議論、「問題の深刻度」を評価するなどの
回答を実施。
この実験から4カ月後と8カ月後に被験者らに
メールを送り、「問題の深刻度」がどうなったかを
回答してもらったそうです。

この実験からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


恋愛や結婚生活にはケンカがつきものですが、101組の新婚カップルが参加した実験により「ワーキングメモリ(作業領域)が多いカップルは問題を乗り越えやすい」ということが確かめられました。

情報源: ワーキングメモリが多いカップルは「ケンカしても破局しにくい」との研究結果

 


error: