学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

人工知能を利用して慢性心不全での心臓死と突然死の予測が可能に | 日本の研究.com


厚生労働省の令和元年(2019)の
人口動態統計月報年計(概数)の概況によると、
令和元年の死因として、1位が悪性新生物<腫瘍>の
いわゆる「がん」であり、2位は心疾患、3位は老衰と
なっています。

死因の2位にある心疾患は、昭和60年に
脳血管疾患にかわって2位となり、
その後も死亡率が上昇傾向が続き、
令和元年の場合、全死亡者に占める割合が
15パーセントにものぼっています。

令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai19/index.html

金沢大学大学院先進予防医学研究科の研究グループは、
機械学習を活用し,慢性心不全による心臓死と
突然死のリスクを予測できるかについて検証。

2年間の追跡調査のデータについて臨床的に利用できる
検査結果や症状の13変数を用いて解析した結果、
わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

情報源: 【プレスリリース】人工知能を利用して慢性心不全での心臓死と突然死の予測が可能に | 日本の研究.com