ブルドッグやパグなど「健康リスクが高い短頭種の犬」が飼い主からの人気を集め続けているのはなぜか?|GIGAZINE


フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサー、
パグ、シーズーなどは、一般的な犬種に比べて
鼻が短い「短頭種」と呼ばれる犬です。

こうした短頭種の犬は、鼻や喉といった
気道が狭いため短頭種気道症候群という
病気になりやすいとされています。
また、最近の研究で、短頭種の犬は
老犬と同様に熱中症のリスクが高いということが
示されてるそうです。

英の獣医師学校Royal Veterinary Collegeの
研究チームは、以前実施した別の研究に参加した
ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグなど
合計2168頭の飼い主を対象に、
「将来も現在と同じ種類の犬を飼いたいと思うか」
「犬を初めて飼おうとしている人に、現在飼っている犬種を勧めるか」
を尋ねるアンケートを実施。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

ブルドッグやフレンチ・ブルドッグ、パグなど鼻が短い「短頭種」の犬は、健康上の問題を抱えやすいにもかかわらず、短頭種の犬を飼っている人から高い支持を集め続けているとの研究結果が発表されました。専門家は、生まれつき病気を抱えやすい犬が人間の都合で飼育されたり繁殖されたりしていることに対して、懸念を示しています。

情報源: ブルドッグやパグなど「健康リスクが高い短頭種の犬」が飼い主からの人気を集め続けているのはなぜか?