胃がん内視鏡検診の費用対効果をシミュレーション、終了年齢は「75歳か80歳まで」 | 大学ジャーナルオンライン


最近では、がん検診のひとつとして、内視鏡検査を
選択する人もいらっしゃるかもしれません。

知っておきたいがん検診|日本医師会
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/stomach/

小型のカメラを装着した細い管を口または鼻から挿入し、
食道、胃、十二指腸を直接観察する内視鏡検査は
バリウム検査などに比べると費用もかかります。

東京大学、国立がん研究センター、
健康研究センターの共同研究グループは、
胃がんの内視鏡検診について、
日本人の胃がんリスクと死亡率を反映した
シミュレーションモデルを構築し、費用対効果を調査。

費用対効果が最も優れていた検査の受け方とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 国立がん研究センターの中山富雄社会と健康研究センター部長らが東京大学と共同で胃がんの内視鏡検診について、シミュレーションで費用対効果を調べたところ、50歳で開始し、75歳もしくは80歳まで3年ごとに実施するのが最も優れていることを突き止めた。 胃がん内視鏡検診の費用対効果をシミュレーション、終了年齢は「75歳か80歳まで」

情報源: 胃がん内視鏡検診の費用対効果をシミュレーション、終了年齢は「75歳か80歳まで」 | 大学ジャーナルオンライン