博士課程後期学生によるオンラインスピーチ大会「未来博士3分間コンペティション」出場者募集 | 大学ジャーナルオンライン


未来博士3分間コンペティションは、
博士課程後期学生が3分間の限られた時間内に
自身の研究のビジョンと魅力を分かりやすく伝える
スピーチ大会です。

若手研究者の活躍や更なる成長を
地域社会全体で応援することを目的に
「未来を拓く地方協奏プラットフォーム(HIRAKU)」事業の
一環として、2015年以降毎年開催されています。

第6回目となる今回は2020年11月21日(土)に
オンライン開催が決定しています。

募集対象を
日本国内の大学に在籍する博士課程後期学生(分野を問わず)
※ただし、修士課程(博士課程前期)及び専門職学位課程の方は除く
としており、応募に際しては3分間の発表動画の作成が必要です。

申し込み締め切りは、10月12日(月)17時までです。
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 広島大学が代表機関を務める次世代研究者育成プログラム「未来を拓く地方協奏プラットフォーム(HIRAKU)」は、2020年11月21日「未来博士3分間コンペティション2020」をオンライン開催する。博士課程後期学生を対象に自身の研究について3分間のスピーチを行うもので、現在、出場者を募集している。 博士課程後期学生によるオンラインスピーチ大会「未来博士3分間コンペティション」出場者募集

情報源: 博士課程後期学生によるオンラインスピーチ大会「未来博士3分間コンペティション」出場者募集 | 大学ジャーナルオンライン