死別による悲嘆のコストに、いかに対応できるか ―生産性の低下・疾病・医療福祉依存の実態を調査― | 日本の研究.com


京都大学学際融合教育研究推進センター、
東北大学大学院文学研究科の研究グループは、
家族や友人との死別による悲嘆が遺族にもたらす
精神的・身体的な影響、および医療福祉に
依存する傾向を調べるため、調査を実施。

2018年秋からパイロット調査として、
葬送儀礼を行う僧侶等の協力を得て、
2〜8ヶ月以内に家族を亡くした遺族
165世帯にアンケート調査を行いました。

回答を分析した結果、わかったこととは?
死別悲嘆の深刻さと生活面の変化や
精神的な面への影響、また葬送儀礼との関係とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】死別による悲嘆のコストに、いかに対応できるか ―生産性の低下・疾病・医療福祉依存の実態を調査― | 日本の研究.com