“酔っている”ことは、歩き方をスマートフォンで分析すれば検知できる|WIRED


同じアルコールを摂取しても、
正常に行動できる人もいれば、さまざまな
動作がおぼつかない程に酔っ払ってしまう人もいます。

ピッツバーグ大学の研究グループは、
酩酊状態の判定に役立つ可能性がある
新たな方法の開発に取り組み、
「歩き」とそれを測定するスマートフォンの
モーションデータに着目。

まず初めに、一般的なスマートフォンを
被験者の腰に固定して、各人の基準となる
歩行を把握。
個別化された数学的モデルを使用できるようにしました。

研究者らは各被験者に独自の歩行モデルを利用して
呼気中アルコール濃度が0.08を超えたときの
歩行状態から判定した結果、
わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


呼気や血液に含まれるアルコールの量を計測しなくても、“酔っ払い”の状態はスマートフォンひとつで比較的正確に計測できる──。そんな研究結果が、このほど米国の研究チームによって発表された。鍵を握るのはスマートフォンが内蔵している加速度センサー、つまり持ち主の動きだ。

情報源: “酔っている”ことは、歩き方をスマートフォンで分析すれば検知できる:研究結果