学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

新型コロナウイルス感染における遺伝的背景に地域的・民族的な差は見つからず | 大学ジャーナルオンライン


新型コロナウイルスの感染が広がる中、
疾病率や死亡率には地域差があることが
多くニュースとなっており、特にアメリカ合衆国では、
アフリカ系やラテン系の感染者の死亡率が
他の種族・民族系と比べて有意に高いといった
報告もあります。

北海道大学、ボストン小児病院、
ハーバード大学医学大学院の共同研究グループは、
新型コロナウイルスが感染する際に関与する
7つの遺伝子をデータベースから比較することで、
地域・民族間に遺伝的多様性や
感染成立メカニズムに差異があるのかを
調査したそうです。

分析の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 新型コロナウイルス感染に関わる7つの遺伝子を地域・民族毎にデータベースから比較した結果、地域・民族間による差は無いことが判明した。北海道大学、ボストン小児病院、ハーバード大学医学大学院の共同研究でわかった。 新型コロナウイルス感染における遺伝的背景に地域的・民族的な差は見つからず

情報源: 新型コロナウイルス感染における遺伝的背景に地域的・民族的な差は見つからず | 大学ジャーナルオンライン