学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ついに“史上最強”のリチウムイオン電池が誕生? 透明で柔軟で火にも耐えるバッテリー、米研究チームが開発|WIRED


現代の生活に利用するツールに電池は欠かせません。
この電池の進化がこれからのツールの方向性を
決めるといっても大袈裟ではないはず。

ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所の
研究チームは、より安全な電池の開発として、
故障の心配がないと思われる、
新たなリチウムイオン電池を開発しました。
その電池は、市販のリチウムイオン電池と
同程度の電圧を確保した新しいバッテリー。

見た目がまるで、コンタクトレンズのように
透明で柔軟性があるという、これまでには
見たことがないような形状で、さらに無毒で不燃性、
そして、コンタクトレンズのようでありながら、
ケースなしのむき出しの状態でも
利用できるというもの。

この新しい電池の構造とは?
この電池が解決するであろうこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

透明で柔軟性があり、火にも耐えるリチウムイオン電池を、米国の研究チームが開発した。市販のリチウムイオン電池と同程度の電圧を確保した新しいバッテリーの試作品は、コンタクトレンズのように透明で柔軟性があり、無毒で不燃性で、ケースなしのむき出しの状態でも利用できる。2年程度での市販を目指しているといい、ウェアラブル端末などへの応用が期待される。

情報源: ついに“史上最強”のリチウムイオン電池が誕生? 透明で柔軟で火にも耐えるバッテリー、米研究チームが開発