学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

人との距離が求められるいま、「ハグしたい」欲求には科学的な理由がある|WIRED


新型コロナウイルス感染予防のため、
ソーシャルディスタンスを保つことを推奨されています。
このことは、海外では当たり前のように行っていた
家族や親しい人たちとハグする習慣を
奪うことになりました。

マイアミ大学タッチリサーチ研究所や
ミラノ・ビコッカ大学の研究者が、
「スキンハンガー」(肌の温もりへの飢え)という
神経学的な現象について研究をベースに
解説した記事をご紹介します。

マイアミ大学のタッチリサーチ研究所が
空港で搭乗を待つ客同士がどれだけ触れ合うかを
調査した研究や、ロックダウンの間に実施した
人との触れ合いに関する調査の結果などを
紹介し、「スキンハンガー」を和らげる方法などを
解説しています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

新型コロナウイルスの影響で始まった外出制限が緩和されたとしても、社会的な距離の確保は引き続き求められている。こうしたなか、「ハグすること」には重要な意味があるのだと専門家や研究者たちは言う。そのメカニズムと効用とは──。

情報源: 人との距離が求められるいま、「ハグしたい」欲求には科学的な理由がある