学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

新型コロナ緊急事態宣言後の対人接触、東京圏は平時の2割 | 大学ジャーナルオンライン


東京大学、東北大学、大阪市立大学、
米パデュー大学、ヤフーの研究グループは、
携帯電話から取得される位置情報を用い、
新型コロナウイルス緊急事態宣言発令前後の
東京都市圏における人々の行動を解析。

接触数を100メートルの距離圏内に
30分以上滞在した人数の平均値として、
接触率をコロナ禍以前の1月平日の
平均値に対する割合と定義。
そのうえで、携帯電話から発信される
大量の移動軌跡を解析したそうです。

分析の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

新型コロナ緊急事態宣言後の対人接触、東京圏は平時の2割

情報源: 新型コロナ緊急事態宣言後の対人接触、東京圏は平時の2割 | 大学ジャーナルオンライン