学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

機械学習やビッグデータを扱うデータサイエンティストの年収や使用言語などを赤裸々にするデータ


世界中のアナリストやデータサイエンティストが
予測モデリングや分析手法を競い合うプラットフォーム「Kaggle」。
2017年時点での機械学習やデータサイエンスに携わる人々が
どのようなツールを使っているのかや、
どれくらいの給料を得ているのかを如実に示すデータを公開したという記事。

The State of ML and Data Science 2017 | Kaggle
https://www.kaggle.com/surveys/2017

大学や大学院で学び直しをしている社会人には、
アナリストやデータサイエンティストを目指す人も多いと
思いますが、世界においてどういう状況なのかを
理解しておくことも大人の学びにおいては重要なことかと。

回答者の年齢の中央値が30歳。
回答者の中で最も多いのは修士号を取得しているユーザー。
給料が最も高い15万ドル(約1700万円)以上の回答者には、
博士号取得者が多いという結果も。

時代の変化に影響を受ける象徴のような職業とも言えるかと。
今後はどう変化していくでしょうか。


By Carlos Muza
企業や研究者がデータを投稿し、世界中のアナリストやデータサイエンティストが予測モデリングや分析手法を競い合う、というプラットフォームの「Kaggle」が、2017年時

情報源: 機械学習やビッグデータを扱うデータサイエンティストの年収や使用言語などを赤裸々にするデータ