学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

体内時計を用いて季節に応答する脳神経細胞を発見 季節に伴う日の長さの変化を細胞レベルで感知 | 日本の研究.com


四季の移り変わりで日照時間が変化します。
それを私たち人間だけでなく、温帯地域に
生息する生物は、季節に応じて生殖機能や
温度耐性、体内の栄養蓄積量などを
調節することで環境変化に適応しているのだそうです。

それは、多くの生物が季節の移り変わりを、
1日の日が出ている長さ(日長)から
正確に読み取っているからとも言えます。

大阪大学大学院理学研究科の研究チームは、
生殖腺の発達に日長が影響することが
わかっている「ホソヘリカメムシ」を用いて
実験を行いました。

その実験からわかったこととは?
体内で約24時間周期のリズムを作る
体内時計:概日時計の役割とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】体内時計を用いて季節に応答する脳神経細胞を発見 季節に伴う日の長さの変化を細胞レベルで感知 | 日本の研究.com