学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

たったの「16分」睡眠時間を短縮するだけでも仕事の効率は悪化するという研究結果|GIGAZINE


できるだけ仕事や勉強に集中したい
と思っていても、思うようには集中できない
という日もあります。

そんな仕事への集中と関連する
「仕事を妨げるような思考(認知的干渉)」と
「睡眠」の関係性を調べるための
アンケート調査の結果をご紹介します。

サウスフロリダ大学の研究者は、
アメリカのIT企業に勤める中年の会社員
130人を対象に、8日間にわたって
「睡眠時間」
「仕事にどれだけ集中できているか」
についてのアンケート調査を実施。

調査は、9つの質問に対して、
5段階評価で回答してもらう方式を採用。

調査の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

「効率的な働き方」を行うことで、同じ作業時間でより多くの仕事量がこなせるようになりたいと考える人は多いはず。しかし、サウスフロリダ大学の助教授で睡眠についての研究を行っているスミ・リーさんは、睡眠時間が16分短縮されただけでも翌日の仕事に影響があることを明らかにしています。

情報源: たったの「16分」睡眠時間を短縮するだけでも仕事の効率は悪化するという研究結果