学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

南の植物ほどセンシティブ:異なる緯度に生育する植物が感受性の異なる環境センサーを持つことを世界で初めて発見 – 国立大学法人 岡山大学


最近では、世界中から様々な植物の
品種が集められるようになりました。
それらの品種が生まれて育った環境とは
異なる場所で育てられているということも
普通の状況となってきています。

新しい環境で育てられる植物の
適応に関して、新たな技術につながる
可能性のある研究をご紹介します。

岡山大学資源植物科学研究所の
研究グループは、光環境や気温が
異なる場所に生育する植物は
異なる環境センサーがあるのではないかという
仮説を立てて調査を行いました。

調査では、生育する緯度の異なる植物として、
・北緯約75度の北極周辺に生育する植物
・北緯約35度のみに生育する植物
を用意して、それぞれの種の光に対する
生理反応などを調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

岡山大学の公式サイト。

情報源: 南の植物ほどセンシティブ:異なる緯度に生育する植物が感受性の異なる環境センサーを持つことを世界で初めて発見 – 国立大学法人 岡山大学