学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ウォーキングではない「日常生活の中の歩行」にも寿命を延ばす絶大な効果があることが明らかに|GIGAZINE


ノースカロライナ大学チャペルヒル校の
研究グループは、
・1990年代にスタートした
 「Women’s Health Study」
 という4万人のアメリカ人女性を対象とした
 追跡調査データ
・2011年から2015年までの
 5年間で週に4~7日間のウォーキングを
 行った被験者1万6732人
を対象に、歩数や歩行距離をまとめた
これらの2つのデータを分析。

さらに、データを
「散発的な歩行(階段を上る、車まで歩くなど、
日常生活で生じる歩行)」と「10分以上の歩行
(ウォーキングやジムでのトレーニングといった、
計画的な運動など)」の2つにカテゴリ分けし、
データを分析。。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

「毎日よく歩く人ほど死亡リスクが低い」ということが最新の研究により明らかになっているように、ウォーキングが健康に良いことはさまざまな研究により示されてきました。最新の研究では、時々行う程度のウォーキングであっても、寿命を延ばすには十分な効果を発揮することが示されています。

情報源: ウォーキングではない「日常生活の中の歩行」にも寿命を延ばす絶大な効果があることが明らかに