学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ソーラーパネルの周囲にミツバチなどの生息地を作る試みにはどんなメリットがあるのか?|GIGAZINE


太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスといった
温室効果ガスを排出せず発電を行う
再生可能エネルギー。

再生可能エネルギー|経済産業省資源エネルギー庁
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/index.html

こうした再生可能エネルギーのひとつに
太陽光エネルギーを獲得するため、
ソーラーパネルが設置されているところは
日本でも増えています。

このソーラーパネルを設置した場所を
有効に活用するための手段として
ソーラーパネルの周囲にミツバチなどの
花粉を媒介する昆虫が生息できる環境を作る
ということに関する考察を
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校や
アイオワ州立大学の研究者が考察した記事を
ご紹介します。

彼らの研究からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

近年では再生可能エネルギーの発電コストが化石燃料を上回るほど低コストになっていることもあり、さまざまな場所でソーラーパネルの設置が実施・検討されています。そんな太陽光発電を行う土地に「花粉を媒介するミツバチなどの生息域」を作る試みについて、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校やアイオワ州立大学の昆虫学者らが考察しています。

情報源: ソーラーパネルの周囲にミツバチなどの生息地を作る試みにはどんなメリットがあるのか?