学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

先住民の言語が消滅することで「貴重な医学的知識が失われてしまう」と研究者が指摘|GIGAZINE


使用人口が少なく、近い将来の
消滅が危惧されている言語が多く存在します。
その数は、世界で約2,500に上る言語が
消滅の危機にあるとされています。

消滅危機言語の一覧|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/消滅危機言語の一覧

日本においても8言語・方言が
消滅の危機にあるとされています。

消滅の危機にある言語・方言|文化庁
https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kokugo_shisaku/kikigengo/index.html

スイス・チューリッヒ大学の研究チームは、
言語の消滅と「薬用植物」に関する知識の
消滅がどのように関連しているのかを調べるため、
北米・北西アマゾン・ニューギニアを対象にして、
「236個の先住民の言語」
「3597種の薬用植物」
「1万2495個の薬用植物の効用」
にまたがる分析を実施。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

地球上に存在する言語は、英語やフランス語などのメジャーなものから少数民族によって話されているマイナーなものまで、数千もの種類があると考えられています。ところが、少数の人々しか話さない言語は消滅の危機にあり、これらの言語が消滅することで「貴重な医学的知識」が失われてしまうと指摘されています。

情報源: 先住民の言語が消滅することで「貴重な医学的知識が失われてしまう」と研究者が指摘