学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい:デンマークの研究チームが発表|WIRED.jp


ぜんそくやアレルギーで悩む子どもは多く、
様々な研究が行われている分野でもあります。
今回ご紹介する記事は、ペットとの同居がテーマ。

ネコとの同居とぜんそくの関係を
ある特定の遺伝子変異型で検証した結果です。

デンマークの小児ぜんそく専門の研究センター
「COPSAC」の研究チームが、
デンマークの377人の子どもを対象として、
医療、遺伝、環境情報の分析を実施。

この子どもたちのうち、約3分の1が
17q21遺伝子のTT型と呼ばれる変異を保有。
そのためぜんそくを発症しやすかったそうですが、
この遺伝子をもつ場合、小さいときから
ネコと暮らしていた子どもたちは、
遺伝変異のネガティヴな影響が小さかったことが
わかったというもの。

逆に、ある特定の遺伝子変異をもつ新生児は、
ネコと一緒にいると症状が悪化する
ケースもあったそうです。
その特定の遺伝子変異とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

この結果は、あくまでも特定の遺伝子変異を持つ
ケースについての研究結果ですが、
このような研究が進めば、アレルギーがあって
あきらめていた人が動物と一緒に過ごすことができたり、
あるいはアレルギーを軽減させることができるように
なる場合も出てくるということになるかもしれません。

幼いころからネコと一緒に育つと、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器疾患にかかりにくくなる──。そんな研究結果を、デンマークの研究チームが発表した。その理由とは。

情報源: 人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい:デンマークの研究チームが発表|WIRED.jp