学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

皮膚に貼るだけでアルコールを超高感度に検出、佐賀大学などが開発|大学ジャーナルオンライン


アルコールの検知には、呼気中にどれくらいの
アルコールが含まれているかを測定する方法が
一般的に用いられています。

今回はその検知方法とは異なる
体から放出されるアルコールガスを
検知する方法を開発したという研究を
ご紹介します。

佐賀大学の研究グループは、
アルコールと特異的に反応する酵素を用いて、
皮膚の極微量の各種有機ガスを放出を
検知するセンサーとして、酵素の反応を
直接的に電気信号に変換できる
高効率検出デバイスを開発。

実際に手首にデバイスを貼り付けて
アルコールを飲酒し、手首から放出する
アルコールガスを検出する実験の結果とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 佐賀大学理工学部の冨永昌人教授らの研究グループは、京都大学の白井理教授らとの共同研究で、皮膚に貼るだけの超高感度なアルコールガスセンサを開発した。 皮膚に貼るだけでアルコールを超高感度に検出、佐賀大学などが開発

情報源: 皮膚に貼るだけでアルコールを超高感度に検出、佐賀大学などが開発