学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

放流ウナギは天然ウナギに勝てるのか? 〜養殖場の飼育を通じて、ウナギの種内競争の能力は低下する〜 | 日本の研究.com


中央大学、東京大学、神戸大学、
青森県産業技術センター、鹿児島県水産技術開発センター、
水産研究・教育機構、福井県農林水産部水産科、
の研究グループは、効果的なウナギの
放流⼿法を検討するため、
天然ウナギと放流される養殖ウナギについて
3つの実験を行い、その結果を
2つの論文として発表しました。

実験1は「行動観察」として、
天然ウナギと養殖ウナギを同居させて
行動を観察するという実験を行い、
実験2は「混合飼育」として、屋外にある
2つのコンクリート池にそれぞれ天然ウナギと
養殖ウナギを入れて飼育するというもの。
実験3は天然ウナギの⽣息密度が異なる4つの河川
(⿅児島県⾙底川、静岡県波多打川、
福井県三本⽊川、⻘森県⻑沢川)に
養殖ウナギを同密度で放流し、
3 ヶ⽉後、1 年後、2 年後に放流ウナギの
⽣息密度、成⻑、動きの観察を実施し、
天然ウナギとの違いを分析するというもの。

これらの実験からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】放流ウナギは天然ウナギに勝てるのか? 〜養殖場の飼育を通じて、ウナギの種内競争の能力は低下する〜 | 日本の研究.com