学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

今世紀初頭から九州地方の梅雨に準4年変動が顕在化|九州大学


ここ数年は特に、九州地方に線状降水帯が
停滞することによる大雨の影響が大きくなっており、
甚大な豪雨災害が発生するようになっています。

九州大学の研究チームは、
高精度の降水量推定を可能にした
最新の衛星全球降水マップ(GSMaP)を用いて
梅雨期の総降水量の近年の変動傾向を調査。

また、他の衛星観測データや
気象庁アメダス降水量データも併用した
分析も実施した結果、遠く離れたインド洋の
影響があることがわかったそうですが、
その影響と理由とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

~近年の豪雨災害激甚化の背景が明らかに~

情報源: 今世紀初頭から九州地方の梅雨に準4年変動が顕在化 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY)