学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「⾜元で起きる進化」の波及効果―たった1 種の形態進化が植物群集の多様性を変える― | 日本の研究.com


地球上には、さまざまな植物や動物が存在し、
それらは絶妙なバランスの上で成り立っている
といえます。人間が行う自然破壊や
環境を大きく変化させる活動をすることで
そのバランスが容易に崩れてしまうこともわかっています。

今回ご紹介する研究は、「オシヒバ」という
たった1種の植物の形質進化がもたらす
影響について調査した研究をご紹介します。

千葉大学、東京都立大学、東北大学、
東京大学の共同研究グループは、
オヒシバというごく普通の雑草の、
都市系統(匍匐型)と農地系統(直立型)の
草姿の違いが草地の他の植物に与える影響に注目。

様々な草姿を持つオヒシバを野外の草地に移植し、
周囲の植物の成⻑に関するモニタリングを
実施したそうです。

その結果からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】「⾜元で起きる進化」の波及効果―たった1 種の形態進化が植物群集の多様性を変える― | 日本の研究.com