学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

ヘルプマークの普及・活用には未来志向のメッセージ提示が鍵を握る可能性 | 日本の研究.com


ヘルプマークは、義足や人工関節を
使用している方や内部障害や難病の方、
または妊娠初期の方などのように、
外見からは分からなくても援助や配慮を
必要としている方々が、周囲の方に
配慮を必要としていることを知らせることが
できるように作成されたマークです。

ヘルプマーク|東京都福祉保健局
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

街中で見かけることも増えていますが、
まだ十分に普及・活用されているとは
言い難い状況もあり、どのように
普及させていくのかが課題となっています。

大阪公立大学の研究グループは、
ヘルプマークの普及・活用のために
どのようなメッセージの提示が
効果的かを調べるための実験を行いました。

大学生121名を対象にヘルプマークを
説明するための文章をいくつか用意し、
どの説明文が『肯定的な理解を促すのか』、
『抵抗感を減らすのか』などについて
アンケート調査を実施。

その結果から分かったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】ヘルプマークの普及・活用には未来志向のメッセージ提示が鍵を握る可能性 | 日本の研究.com