学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

バイオマスバーニング(火災)が大気環境へ及ぼす影響の大きさを確認|千葉大学


「エアロゾル」とは、気体中に浮遊する
微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の
混合体を指す言葉です。
例えば、重金属粒子やディーゼル黒煙、
たばこの煙やアスベスト粒子、放射性粒子など
さまざまなエアロゾル粒子が空気中に存在しています・

エアロゾルとは|日本エアロゾル学会
https://www.jaast.jp/new/about_aerosol.html

このエアロゾルの中でも、有機物(バイオマス)
の燃焼(バーニング)であるバイオマスバーニングは、
⾃然起源と⼈為起源によって発⽣する⽕災を指し、
大気への影響を及ぼすと考えられています。

千葉大学と環境リモートセンシング研究センターの
研究グループは、バイオマスバーニングと
人為起源エアロゾルの両方の影響を受ける
ユニークな地域であるインドシナ半島に着目。

インドシナ半島の大気の状態について、
最先端の再解析データMERRA-2で
解析してわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 国立大学法人千葉大学 バイオマスバーニング(火災)が大気環境へ及ぼす影響の大きさを確認―エアロゾルデータを用いて気候変動への影響を評価―