学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

設計図だけ現存、謎だらけの「海水浴場本館」 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


「大社海水浴場本館・浴場館」
についての情報をご存知の方はいらっしゃいませんか。

島根県出雲市の県立古代出雲歴史博物館は、
戦前に書かれた設計図だけが残る
「大社海水浴場本館・浴場館」
の情報を求めているという記事です。

海水浴場といっても、現在のものとは違い、
『人々は病気療養や健康増進のために、
足や体を海水に浸して水浴し、近くの休憩施設
「養神館」や「保寿館」などで体を休めた。』
とあります。

すでに実際にあったという情報が寄せられているようですが、
写真などがないかどうかも併せて呼びかけているようです。
詳細はリンク記事でご確認ください。

こうした古い建造物の記憶と証拠の照合は大変な作業です。
歴史を記録として残すために、何かの手がかりが得られるとよいですね。

 
島根県出雲市の県立古代出雲歴史博物館は、戦前に書かれた設計図だけが残る「大社海水浴場本館・浴場館」の情報を求めている。

情報源: 設計図だけ現存、謎だらけの「海水浴場本館」 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
(この投稿のリンク記事であった読売新聞の記事は削除され、リンク切れとなりました。2018年2月5日)

以後は、島根県立古代出雲歴史博物館のホームページでご確認ください。

2017年12月20日~2018年2月19日
ミニ企画「まぼろしの大社水族館」
http://www.izm.ed.jp/cms/news.php?mode=yoyakuadd&id=1588

島根県立古代出雲歴史博物館ホームページ
http://www.izm.ed.jp/