Home > NEWS > 作業しながらだと記憶がほんのわずかしか保持できない理由とは?|GIGAZINE

作業しながらだと記憶がほんのわずかしか保持できない理由とは?|GIGAZINE


今回ご紹介する研究のテーマは、
「ワーキングメモリ」です。

情報を一時的に保ちながら、
何かを同時に処理する能力のことで、
作業記憶、作動記憶とも呼ばれています。

ワーキングメモリ|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ワーキングメモリ

1956年に認知心理学者George Miller氏によって
「マジカルナンバー7の法則」 が提唱され、
数字や単語を記憶する場合、人が記憶できる量は
「チャンク」と呼ばれる塊りで表すと
7±2個の範囲に収まると定義されましたが、
その後の研究によって、実際の作業記憶の
限界値は4つまたは5つに近くなることが
発見されたのだそう。

なぜそんなに少ない数しか記憶できないのか。
MITの神経科学者Earl Miller氏らが、
猿にさまざまなスクリーンを示すことで
作業記憶の脳波についてのテストを行いました。
その結果とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

1956年に「マジカルナンバー7の法則」を定義したのは、
George Miller氏で、今回の実験を行ったのは、
MITの神経科学者Earl Miller氏。
ともに、Miller氏というのも面白いかも。

短い時間の中で情報を保持し、同時に処理するための能力である「ワーキングメモリ(作業記憶)」は、同時に4つ、ないし5つまでしか保持できないとされています。なぜそんなに少ない数値にとどまってしまうのか

情報源: 作業しながらだと記憶がほんのわずかしか保持できない理由とは?


error: