学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

自尊心の低い人はVRでアインシュタインになると点まで上がる|GIZMODO


違う自分になれたら、もっと違う人生があったかも。
そんな思いは案外簡単に叶えられるかもしれません。
それも現在ある仮想現実(VR)の仕組みで。

バルセロナ大学が行なった実験は、
18~30歳の男性30人を対象として行われました。
この対象者を2つのグループに分け、
まず事前テストとして、自尊心、問題を解く力、
高齢者に対する無意識の偏見の度合いをチェック。

続いて、ボディスーツとVRゴーグルを装着し、
その2つのグループにそれぞれ
・アルベルト・アインシュタインになる
・同年代の平凡な風貌の人になる
という、それぞれの姿で約30分過ごしてもらい、
終わってからまたテストを実施。
その変化を調べたそうです。

その結果、ある特徴を持った人に
驚くべき変化が現れたようです。
その変化とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


アバターって偉大ですね…。仮想現実(VR)でアインシュタインに化けると頭の働きまでよくなることが、バルセロナ大学の実験で明らかになりました。仮想の自分に現実の自分が影響される錯覚を「バーチャル・エンボディメント」と呼びます。「没入型のVR

情報源: 自尊心の低い人はVRでアインシュタインになると点まで上がる