Home > NEWS > 肥満は4つのタイプに分類可能、タイプ別の特徴や傾向とは?|GIGAZINE

肥満は4つのタイプに分類可能、タイプ別の特徴や傾向とは?|GIGAZINE


肥満に悩む人の中には、心臓病や糖尿病などの
合併症への進行を防がなくてはならない人もおり、
その場合は外科的な手術による減量方法を
選択せざるを得ない場合もあります。

ブラウン大学の研究チームが、
減量手術を受けた2456人のデータを分析し、
4つのクラスに分類しました。

「クラス1」:「善玉コレステロール」である高密度リポタンパク質(HDL)が低い
「クラス2」:不規則な食事を行う
「クラス3」:クラス1とクラス2の特徴を同時に併せ持つ
「クラス4」:幼少時から肥満に悩まされていた

それぞれのクラスには特徴があり、
減量手術の効果が高いクラスとそうでもないクラスと
結果が異なったそうです。

4つのクラスの特徴とは?
減量手術の効果が高いクラスとは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


生活習慣の乱れや暴飲暴食は肥満をもたらし、さまざまな合併症のもととなります。多くの場合、普段の生活を見直し、適度に運動を行うことで肥満は解消されますが、外科手術によって胃の容量を制限して物理的に肥満対策を行う「減量手術」という手段がとられることも。ブラウン大学の研究チームが、肥満に悩み減量手術を受けた人のデータを分析し、肥満は主に4つのタイプに分類されるという論文を発表しています。

情報源: 肥満は4つのタイプに分類可能、タイプ別の特徴や傾向とは?


error: