Home > NEWS > 絶対音感に優れるが相対音感が弱い日本の音楽学生 新潟大学の国際比較研究 | 大学ジャーナルオンライン

絶対音感に優れるが相対音感が弱い日本の音楽学生 新潟大学の国際比較研究 | 大学ジャーナルオンライン


楽器を幼少の頃に習っていた人の中には、
絶対音感がある人が存在します。

新潟大学の宮崎謙一名誉教授を中心とした
日本・中国・ポーランド・米国の国際研究チームは、
音楽専攻学生を対象とした
絶対音感と相対音感の国際比較研究を実施したそうです。

日本・中国・ポーランド・ドイツ・米国の
音楽専攻学生1,000人余りを対象として、
絶対音感テストと相対音感テストを行ったそう。

音楽大学で正確な絶対音感を持つ学生の割合は、
各国でどのくらいの割合で存在したでしょうか。
また、正確な相対音感を持つ学生の割合は?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
新潟大学の宮崎謙一名誉教授を中心とした日本・中国・ポーランド・米国の国際研究チームは、音楽専攻学生を対象とした絶対音感と相対音感の国際比較研究を行い、日本の学生は絶対音感の能力が優れている反面、相対音感の能力が弱いことを明らかにした。

情報源: 絶対音感に優れるが相対音感が弱い日本の音楽学生 新潟大学の国際比較研究 | 大学ジャーナルオンライン


error: