Home > NEWS > 青山学院大学、研究者育成へ大学院生を助手に雇用 | 大学ジャーナルオンライン

青山学院大学、研究者育成へ大学院生を助手に雇用 | 大学ジャーナルオンライン


毎年ノーベル賞が発表される度に、
日本の研究者が受賞することが話題になりますが、
その時にもう一つ話題となるのが、
現在の大学の制度のままでは大学院生が
研究に専念することが難しいといった問題。

将来はノーベル賞の受賞者だけでなく、
研究者自体も減少してしまうのではないか
という危機が叫ばれています。

(32)日本人に科学ができるであろうか|野依良治の視点|国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター(2019年1月15日)
https://www.jst.go.jp/crds/about/director-general-room/column32.html

青山学院大学は2020年度から、
大学院、専門職大学院研究科の大学院生約40人を
「院生助手」として雇用する新制度を
始めると発表しました。

どのような制度で、この制度を利用すると
大学院生にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
青山学院大学は2020年度から大学院、専門職大学院研究科の大学院生約40人を「院生助手」として雇用する新制度を始める。

情報源: 青山学院大学、研究者育成へ大学院生を助手に雇用 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: