Home > NEWS > 「ストラディヴァリ」などの貴重なバイオリンはなぜ美しい音を奏でるのか?|GIGAZINE

「ストラディヴァリ」などの貴重なバイオリンはなぜ美しい音を奏でるのか?|GIGAZINE


バイオリンといえば、著名な楽器製作者が作った
「アマティ」「ストラディヴァリ」「グァルネリ」といった
名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。
オーケストラの花形楽器とも言われ、
美しい音色に魅了されている人も多いかもしれません。

バイオリン|楽器解体新書|ヤマハ
https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/violin/

今回ご紹介するのは2015年の記事です。
マサチューセッツ工科大学(MIT)の
音響技師・流体力学者チームが、
製作者が生み出したデザインの音響効果を
調査するため、博物館や収集家から
17世紀~18世紀に製作された
クレモナのバイオリンや図面などの資料を収集。

それぞれの楽器でX線・CTスキャン検査、
音響共鳴測定、各バイオリンの寸法比較を
実施してわかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

17~18世紀の楽器製作者「アマティ」「ストラディヴァリ」「グァルネリ」らが作ったバイオリンはイタリア・クレモナが生んだ世界3大バイオリンといわれ、現代では数億円もの価値を持っています。このような特別なバイオリンの音響効果を確かめるため、マサチューセッツ工科大学(MIT)の音響技師・流体力学者チームが、バイオリン黄金時代にクレモナで生まれた何百本ものバイオリンを測定した結果、名バイオリン特有の形状や材質の厚みがあることがわかりました。

情報源: 「ストラディヴァリ」などの貴重なバイオリンはなぜ美しい音を奏でるのか?


error: