Home > マイクロプラスチック

深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、研究|NATIONAL GEOGRAPHIC

今年は、マイクロプラスチックについての話題が 頻繁にニュースとなりました。 海岸に打ち上げられているプラスチックゴミは ごく一部であり、多くはマイクロプラスチック化して 海の中の魚などが摂取してしまったり、 海の深い部分に積もっていたりと、 実際の影響は目に見えているもの以上に深刻です。 中国科学院の研究チームが、自ら採取した試料と、 過去の論文から、13の地域について 分析を行ったという記事をご紹介します。 目に付きにくいプラスチックについて調べるため、 中国の研究チームは、採取した試料を分析。 堆積物や水1リットル当たりの マイクロプラスチック量を測定したそうです。 マリアナ海溝の最も汚染された部分では、 堆積物1リットル当たり、どのくらいの マイクロプラスチックが見つかったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 マリアナ海溝の堆積物1リットルに数千個の微細なプラスチック片が含まれていることが、新たな調査で明らかになった。 情報源: 深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、研究  

Read More

全国河川の9割にマイクロプラスチック発見 東京理科大学と愛媛大学が大規模調査 | 大学ジャーナルオンライン

今年、注目度が急上昇となったキーワードは、 「マイクロプラスチック」かもしれません。 プラスチック製ストローの使用を廃止すると 決めた店舗などの話題が多く取り上げられています。 このマイクロプラスチックの問題ですが、 日本ではどのような状況になっているのでしょうか。 今回ご紹介する研究は”河川”の汚染度合いについてです。 河川が汚染されていると、流れ込む海の汚染に つながってしまいます。 東京理科大学と愛媛大学の研究グループは、 マイクロプラスチックの汚染状況に関して 日本全国の河川で大規模調査を実施したそうです。 その方法は、国内29河川36調査点において、 平常時に橋梁から簡易プランクトンネットを 下ろしてMPを採取するというもの。 どのくらいの河川でマイクロプラスチックが 見つかったのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   東京理科大学と愛媛大学の研究グループは、マイクロプラスチック(MP)の汚染状況に関して日本全国の大規模調査を実施した結果、全体の9割にMPを発見した。 情報源: 全国河川の9割にマイクロプラスチック発見 東京理科大学と愛媛大学が大規模調査 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

9割の食塩からマイクロプラスチックを検出|NATIONAL GEOGRAPHIC

マイクロプラスチックが社会問題として取り上げられ、 プラスチック製ストローの使用を取りやめると 決定した飲食店が話題となっています。 このマイクロプラスチックの問題は、 以前から問題視されており、環境省が平成28年に 実施した調査が今年の1月に発表。 陸奥湾、富山湾及び若狭湾の計9海域において、 目視観測による漂流ごみの量や種類などを 調査した結果、発見された漂流ごみのうち 人工物は約65%を占めていたそうです。 その人工物のうち、プラスチック類、 レジ袋等の包装材、トレイ等の食品包装、 発泡スチロールが上位を占めていたという 結果となっています。 平成28年度海洋ごみ調査の結果について|環境省(平成30年1月23日発表) http://www.env.go.jp/press/104995.html これらのゴミが食塩にどのくらい含まれているかを 韓国の研究者グループなどの合同チームが、 塩に関する既存研究を活用してまとめた研究を ご紹介します。 欧州、北米、南米、アフリカ、アジアの合計21の国と 地域から集めた塩のサンプルを分析した結果、 どのようなことがわかったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 世界で販売されている海塩、湖塩、岩塩を調査した研究から、ほとんどの塩にマイクロプラスチックが含まれていることがわかった。 情報源: 9割の食塩からマイクロプラスチックを検出  

Read More

プラスチックによる海洋汚染がいかに激増したのかが60年分の海洋調査データから鮮明に|GIGAZINE

マイクロプラスチックによる海洋汚染が 最近話題となっています。 実際に、魚の体内からマイクロプラスチックが 発見されることも増えています。 イギリスの海洋生物学協会の クレア・オストル博士らの研究グループが 1931年から大西洋とその近海で継続的に実施されている 「連続プランクトン採集器(CPR)」にとらえられた ごみのデータを60年間にわたって分析したそうです。 この「連続プランクトン採集器(CPR)」は、 海中の微生物について研究することを目的に イギリスの海洋生物学協会が作った装置です。 装置が収集した情報を分析した結果、 わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 世界中の科学者らによってプラスチックごみやマイクロプラスチックによる海洋汚染の問題が叫ばれていますが、これまで長期的に継続された調査による裏付けは進んでいませんでした。2019年4月16日に科学誌Natureに掲載された論文により、60年間にもわたる海洋調査の結果が公開され、プラスチックによる海洋汚染の増加とその推移が明らかにされています。 情報源: プラスチックによる海洋汚染がいかに激増したのかが60年分の海洋調査データから鮮明に  

Read More

東京理科大学が開発、画像解析による河川ごみ輸送量モニタリング技術 | 大学ジャーナルオンライン

海洋プラスチックごみは世界的な環境問題で、 マイクロプラスチックに関する研究を アンドラでもご紹介しています。 http://andla.jp/wp/?s=マイクロプラスチック この問題を解決するためには、このゴミが どこのどの程度あり、どのように移動してきているか という陸域~河川~海域という流域圏における プラスチックごみの動態を明らかにする必要があります。 東京理科大学の研究グループは、 画像解析を用いた河川のごみ輸送量計測技術を 開発したそうです。 今回開発された技術は、デジタルビデオカメラ等を 用いて行われる方法です。 具体的な方法等についての詳細は、 リンク記事でご確認ください。   海洋プラスチックごみは世界的な環境問題となっており、これを解決するためには、陸域~河川~海域という流域圏におけるプラスチックごみの動態を明らかにする必要があるとされる。東京理科大学の研究グループは、今回、画像解析を用いた河川のごみ輸送量計測技術を開発し、河川におけるサイズの大きなプラスチックごみ(マクロプラスチック)の輸送量把握に成功した。 情報源: 東京理科大学が開発、画像解析による河川ごみ輸送量モニタリング技術 | 大学ジャーナルオンライン

Read More
error: